笑顔の美容法

洗顔と夜のケアーだけでは、肌の張りが保てなくなりました

洗顔と夜のケアーだけでは、肌の張りが保てなくなりました。
更に身体のラインが崩れてきたので、エステに通いめました。親切なスタッフに応援されて、わずかですが変化が出始めています。

 

若いころから肌には自信があって、パックをし始めたのは、40代になってからです。
顔のケアーは、毎日欠かさない夜の洗顔と、マッサージプラス乳液とナイトクリームでした。
化粧は、30代後半まで厚塗りでした。

 

皮膚呼吸を考えて、それ以降は、洗顔後の化粧水と乳液、そこへ下地クリームを塗るだけの化粧に変えました。
すると効果覿面、ときどき口の周りにできたカサカサが解消されました。
私が自慢できることの一つは、夜化粧したまま寝たことがない、ということです。

 

仕事で遅くなっても、必ず洗顔とケアーをしました。
その甲斐があって、顔肌のトラブルはありませんでした。
しかし、60代になった今は、この時期のように乾燥すると、皮膚に張りと艶が無くなるようになりました。

 

いつまでも現役というのが私のモットーなので、エステへ通うことにしました。
フェイシャル。
アンチエイジングを受けると、肌の手触りが違います。

 

また、身体のくびれなども心配になっていたので、ボディーケアーもしてもらっています。
サウナに入って身体を温め、そのあとハンドマッサージや、キャビテーションをしてもらっています。
まだ始めたばかりなので、目に見える効果はあまりありませんが、体重が少しずつ落ちているので、今後も通い続け、適度な運動を心がけたいと思っています。